病院マップの「イノチズ」

病院さがしメモ

病院を探す時のコツや、知っておくと便利なポイントをまとめてみました。

<目次>
何科にかかったら良いか分からない時
医療機関が少ない診療科に行きたい時
こんなところに注目してはいかが?
用語集

何科にかかったら良いか分からない時

なんだか調子が悪いけど、どの診療科に行ったら良いのか分からない。
そんな時はまず、「内科」に行くとよろしいかと思います。ホームページ上で、「どの科に行ったら良いのかわからない時は、ウチにお越しください。」という風に書いてるクリニックさんもあります。

そもそも町のお医者さんは、「かかりつけ医」として「最初に患者さんを診て、病気の見当をつける。診療を行うとともに、専門的な検査・治療が必要であれば、中核病院に紹介する。」という役割を持っています。
今の大きな病院は、かかりつけ医の紹介状がないと受診できないか、お金が余計にかかることが多いです。

患者さんの「なんだか調子悪いな。」という訴えを、医学的・全体的に診断してくれるのが、町のお医者さんなのです。

参考資料

●医療機関の探し方、選び方:厚生労働省 【リンク】
●かかりつけ医の選び方:公益社団法人 東京都医師会 【リンク】

あまり見かけない診療科に行きたい時

たとえば頭がすごく痛くて「脳神経科」に行きたい時。そんな時は「イノチズ」がお役に立ちます。

診療科を「すべての病院」にして、医療機関名に「脳」とだけ入れて検索すれば、行きたい県にある脳神経科がだいたい検索できます。(100%探せるというわけではありませんが、簡単です。)

こんなところに注目してはいかが?

お医者さんのホームページには、ほぼ必ず、診療方針や得意分野が書かれています。

ドクターによって診療方針や医療への思いはさまざまですし、例えば同じ「内科」でも、総合的に患者さんを診るホームドクター的なクリニックや、「糖尿病専門」などのように専門志向の高いクリニックもあります。

★自分がかかった病気について、得意なドクターがいるか?
★ドクターの診療方針に共感できるか?

こういったところをホームページなどで確認すると、より納得度の高い治療を受けられるのではないでしょうか。

病院探しに、このサイト「イノチズ」をぜひお役立てください。

用語集

診療所(クリニック)

入院用のベッドがない医療機関のことです(19床以下のベッドがある場合もあり)。いわゆる町のお医者さんです。

病院

20床以上のベッドがあり、入院できるところが「病院」です。

標榜科(ひょうぼうか)

医療機関が外部に掲出する診療科名のことです。例:内科、外科、小児科など。

<参考> 診療科名の標榜方法の見直し:日本医師会 【リンク】

病院・薬局を検索

  • 診療科か薬局
  • 都道府県
  • 下はどちらか必須です(両方で絞り込み)
  • 駅か住所
  • 医療機関名

MENU

新規オープン情報(病院・歯科・薬局)

2018年 11月 | 10月 | 9月 | 8月 | 7月 | 6月 | 5月 | 4月 | 3月 | 2月 | 1月

2017年 12月 | 11月 | 10月 | 9月 | 8月 | 7月 | 6月 | 5月 | 4月 | 3月 | 2月 | 1月

患者さまへ 病院さがしのコツ お薬の正しい飲み方 よくあるご質問 医療機関さまへ ★基本情報の掲載は無料です★ 有料登録について 無料と有料の違い