病院マップの「イノチズ」

サイトの状況把握には Google Analytics がオススメです(無料)

ウェブサイトを運営されてる方は誰でもそうだと思いますが、医療機関の皆さんも自院・自局のウェブサイトがどれくらい見られているか、気になるのではないでしょうか。
そんな時に便利な「Google Analytics(グーグル アナリティクス)」をご紹介します。利用は無料です。

Google Analyticsウェブサイト

Google Analyticsは、Googleが提供している、ウェブサイトの無料アクセス解析サービスです。【公式サイト】

ウェブサイトのHTMLに短いコードを追加するだけで、そのサイトの閲覧数などがクラウド上に記録され、詳細をブラウザーで見ることができます。

 

できること

Google Analyticsを導入すると、以下のようなサイト分析が可能になります。

リアルタイム分析

リアルタイムユーザーのグラフ リアルタイムトラフィックのグラフ

今サイトを見ている人について、リアルタイムに分析できます。
例えば、こんなことが分かります。

  • どんなページからサイトに来たか
  • Google、Yahooなど、どの検索サイトから来たか
  • どのページを何人が見ているか
  • どの辺の地域にいる人がサイトを見ているか(県レベル)

期間による分析

ページビューのグラフ

日・月・年などの期間を区切って、その間のページアクセスについて分析することも可能です。
例えば、こんなことが分かります。

  • ページビュー、訪問された回数・人数
  • 訪問者の地域・言語・性別・年齢
  • 使われたデバイス・OS・ブラウザ
  • どのページをどんな順番で見たか

この他にも、Google Analyticsには使い切れないほどの機能があります。サイトの状況を深く細かく分析することも、あっさり概要を知ることもできますから、自分なりの見やすい表示画面を設定して使うのが便利です。

使い方については、Googleサービスの常として画面構成や機能・内容がわりとちょくちょく変更されるので、参考書を見ながら使い方を覚えるというよりも、とりあえず画面を操作してみて、使い方を覚えるほうが手っ取り早いでしょう。
ウェブ上の情報でさえ、少し古くて最新の画面と違っていることがあります。

ご注意

Google Analyticsのデータ蓄積は導入時点からスタートするので、使い始めていきなり「去年との比較」などはできません。導入した日以降のデータを分析することになります。

おすすめの使い方としては、ウェブサイトを作った時、同時にGoogle Analyticsを導入するのが理想的です。

 

導入のしかた

Google Analyticsの導入作業自体は簡単で、すぐに終わります。
ただし、管理用のアカウントをどうするかといった事前準備や、サイトをどう分析するか、分析画面を見るGoogle Analyticsの使い方など、他の部分で手間がかかることがあります。

具体的な導入手順としては下記のとおりです。実際の作業は、ウェブサイトの制作会社さんに依頼するケースが多いでしょう。

1.Analytics用のGoogleアカウントを作る

Google Analyticsを使うためのGoogleアカウントを作ります。
管理作業用としてウェブ制作会社さんにひとつ、分析閲覧用に医療機関さんにひとつ、合わせてふたつが最低限必要でしょう。アカウントの作成・利用にはお金がかかりません。
もしドクターがAndroid携帯をお使いでしたら、お持ちのGoogleアカウントをそのまま使うことも可能です。

2.Google Analyticsの初期設定

Googleアカウントにログインして、Analyticsの設定をします。(ウェブサイトのURLを設定するなど)
設定が済むと、ウェブサイトに挿入するためのコードが発行されます。

3.Analyticsのコードをウェブサイトに挿入

2で発行したコードをウェブサイトのHTMLに挿入します。
全てのページに挿入する必要があるので、ウェブサイトの構成によっては多少手間がかかるかもしれません。

以上でGoogle Analyticsの導入は完了です。
Google Analyticsの画面から、分析結果を見ることができます。

 

導入した後は……

自院・自局のサイトの閲覧状況が分かると、より多くの人に見に来て欲しくなるもの。流入増加のための方法は大きく3つあります。

  1. 検索エンジンからの流入を増やす
  2. 広告を出して流入を増やす
  3. SNSからの流入を増やす

検索エンジンからの流入の増やし方

Google、Yahoo!などからの訪問を増やすには、まず検索上位に表示されなくてはなりません。
王道としては、ユーザーにとって有益なコンテンツを作る・増やすことが一番です。例えば花粉症の治療に力を入れているクリニックであれば、花粉症対策や治療法のコンテンツを充実させて、アクセスを増やすという方法です。

小ワザとしては、サイトに来ている人の検索語句を分析して、検索回数は多いのに表示順位が低い・流入が少ないキーワードに関するコンテンツを強化するという方法もあります。 検索語句を知るには、このサービスを使います。Google ウェブマスター(無料)

余談ですが、「地名+標榜科」というクリニック名だと、検索上位に表示されるのに苦労する場合があります。例えば「新宿内科」のようなクリニック名です。
「新宿内科」で検索すると、「新宿にある内科」が検索上位に出てしまい、似たような表記がたくさん出てきて、その中に埋もれてしまいます。

また、「佐藤歯科」のように検索結果が多すぎてどこだか分からない、という場合もあるので、オススメのクリニック名は、「地名+固有ワード+標榜科」です。
「固有ワード」とは、そのクリニックを特徴づけて差別化するための言葉で、ドクターの氏名や、クリニックの雰囲気を伝える名詞・形容詞などが良いでしょう。

広告の出し方

Google AdWordsなどのサービスを使います。参考:Google AdWords
検索キーワードに応じて広告を表示したり、ウェブを見ている人の趣味嗜好に合わせて広告を表示できます。

料金は表示にではなく、クリック回数に応じて発生します。だいたい1クリック数十円から数百円の範囲で、1日の予算を決めて利用します。1ヶ月にかかるコストは数万円から数十万円といったところでしょう。自分で表示の仕方や予算を決められるので、無駄なく、無理なく広告を出すことができます。

ただし、Googleに広告を出しても、検索結果で上位に表示されるかどうかは関係ありません。Googleのページにも明記されています。参考:Google の検索結果と広告の違い - AdWords ヘルプ

SNSからの流入の増やし方

Twitterなどにクリニックの公式アカウントを作り、交友範囲を広げ、季節の変わり目などに来院をうながすといった使い方があります。
予防接種のお知らせや、花粉が舞う前の来院促進などに効果があるかも知れません。(続けるにはそれなりに手間がかかります)
使えそうなSNSは下記のとおり、どれも無料です。

  1. LINE@(一部有料)
  2. Instagram
  3. Twitter
  4. Facebook

▲上に戻る▲

病院・薬局を検索

  • 診療科か薬局
  • 都道府県
  • 下はどちらか必須です(両方で絞り込み)
  • 駅か住所
  • 医療機関名